ガンバレ☆プロレス ガンバレ☆クライマックス2017

ついに開幕ガンバレ☆クライマックス!大家対今成のガンプロ対決はお互いの想いのぶつかりあい!

8月11日ガンバレ☆プロレス最大のシングルトーナメント「ガンバレ☆クライマックス2017」が開幕した。
開始12時になりガンバレ☆クライマックス2017スーパーバイザーの翔太がリングに登場大会への期待を語るとともに昨日8月10日29歳の誕生日を迎えたのを報告会場から温かい拍手が贈られた。
選手入場式ではKENSOとケンドー・カシンの2選手を除いて入場。
ガンバレ☆プロレス代表大家健がマイクを取りトーナメントは負けたら終わりの1回きり「全員背水の陣だ!」と大会への意気込みを語った。

第1試合
ガンバレ☆クライマックス トーナメント1回戦
脇田真一郎

脇田真一郎

VS
[6分35秒]
ジャーマン・スープレックス・ホールド
getaro

GENTARO

プロレス実験団GUYSのルーキー脇田真一郎がガンプロカウンセラーGENTAROと対戦。
若手への試合も嬉しそうに真剣に取り組むGENTAROらしく新人の技をだしつつもベテランの技を放つ。
ジャーマンスープレックスでGENTAROが3カウントを取る。
このGENATAROプロレス教室で得た経験を今後の試合で活かしいつかリベンジを。
GENTAROが2回戦進出。

第2試合
ガンバレ☆クライマックス トーナメント1回戦
ハリウッドGOTA

ハリウッドGOTA

VS
4分39秒
スリーパーホールド
伊藤崇文

伊藤崇文

この試合をジャッジする松井レフェリーがハリウッドGOTAとなった姿を初めて見てきょとんとした表情で見つめるのをお構いなしに場内でパフォーマンスするGOTA。
試合中にバンダナが取れてしまうと「伊橋に戻った!」と少し嬉しそうだった。
試合開始直後に伊藤が放ったキックの威力とダメージに動揺するGOTAはならば自分もと蹴り出すも伊藤には届かず、空も切らず。
なんとかコーナートップに上ろうとするもバランスが取れずリングに落下すかさず伊藤がスリーパーをかけると松井レフェリーがストップをかけて、伊藤の勝利。
これにより伊藤が2回戦進出。

第3試合
ガンバレ☆クライマックス トーナメント1回戦
デイブ・クリスト

デイブ・クリスト

VS
9分12秒
体固め
※スクエア・アンド・コンパス
安部行洋

安倍行洋

今年も同期間に開催されるコミケに行けなかったオタクレスラーの安部は自身の推しアニメキャラのグッズを持参して入場。
場外での乱闘になり、デイブが「どけー!」と周囲の客席にアピールしたと思いきやリング向こう側の客席にもおなじく「どけー!」とアピール。
安部を掴み反対側へ!行くとさらに通り過ぎ元いた所にもどってくる。そこから攻撃するのかと思いきや安部をリングに戻しユニバースを困惑させる。
終盤はクリストがスクエア・アンド・コンパスを決め3カウント。
デイブ・クリストが2回戦進出。

第4試合
ガンバレ☆クライマックス トーナメント1回戦
KENSO

KENSO

VS
9分58秒
魂のレッグロック(足4の字固め)
ben

ベン・マッコイ

元WWEのKENSOが来日中のベンマッコイと対戦。
序盤から握手を求めるKENSOに怪訝な表情のマッコイだったがこれに応じるとやはり奇襲を受ける。
ガンプロとは敵対しているニューヨークヘッドハンターズの総帥であることからユニバースはベンを応援し続ける。
KENSO自ら「KENSOコール」を求めると場内は大ベンコールで応戦。
そんな大ベンコールが起こるもKENSO魂のレッグロック(足4の字固め)を極めるとロープへ逃れようとするもパワーにおされタップ。
KENSOが元WWEの貫禄を見せ2回戦へ進出。

第5試合
ガンバレ☆クライマックス トーナメント1回戦
力

VS
6分7秒
アームロック
ケンドー・カシン

ケンドー・カシン

力は入場から父・百田光雄とともに入場。ベテランにして元新日本プロレス/全日本プロレスのケンドーカシンを相手に息子へアドバイスを送るセコンドとして役割を買った。
入場から力よりも百田光雄を意識するカシン。
ゴングが鳴り着実に成長している力がカシンを相手にグラウンドの攻防で優勢を見せてカシンも困惑。
カシンのペースに持ち込もうと、力の両足をコーナーに紐で結びつけ動けなくし攻撃しているとたまらず光雄が救出に入る。
脱出した後コーナーに登り得意技セーバーチョップを決めようとするとカシンは木曽レフェリーを身代わりにしてダウンさせてしまう。
ダウン中に椅子を取り出したカシンは力の背中にこれを叩きつける再び応戦しようとした光雄にその椅子を投げ渡しヒートアップするのを代わって入った松井レフェリーに止められる。 その後を椅子を使い続け最後はカシンのチキンウイング・アームロックが決まり力がタップ。
これによりケンドーカシンが2回戦進出。

第6試合
ガンバレ☆クライマックス トーナメント1回戦
KAZMA SAKAMOTO

KAZMA SAKAMOTO

VS
7分37秒
片エビ固め
※みちのくドライバーⅡ
タノムサク鳥羽

タノムサク鳥羽

ゴングと同時に鳥羽のパンチがヒット!
KAZMAが場外に出てもパンチの殴打を繰り返す鳥羽は場外にもかかわらずフォールするほどエキサイト。リングに鳥羽は戻っても回復できないKAZMAはあわや20カウント寸前でリング復帰。
終盤はKAZMAのみちのくドライバーIIが決まり3カウント。

ニューヨークヘッドハンターズというヒールユニットでありながらも選手へのリスペクトを惜しまないKAZMAのらしく鳥羽から歩み寄った握手にも応じお互いの健闘を讃えた。
これでKAZMAがトーナメント2回戦進出。

セミファイナル
ガンバレ☆クライマックス トーナメント1回戦
勝村周一朗

勝村周一朗

VS
13分36秒
体固め
※フランケンシュタイナー
冨永真一郎

冨永真一郎

入場式に現れていたのはなぜかガンバレ☆ザ☆シューターさんだったが試合では勝村周一朗がしっかり登場。
グラウンドでの極め技に苦しむ冨永は何度もロープや場外に逃れる。
終盤には勝村にニンジャチョークを極められてしまい冨永がタップし勝村が勝ったと思い技を離し立ち上がろうとすると木曽レフェリーは「タップしてないだろ!」と言い放つ。意図したのか偶然だったのか木曽レフェリーにはタップが見えてなかったため勝利とはならず、冨永がすかさず丸め込むもカウント2直後に再び丸め込むと以前勝村に似たガンバレ☆ザ☆シューターにやられた両足をロープにかけて体重をかけて勝村をフォールするもこれは木曽レフェリーに気づかれる。
この行動に怒った勝村だが木曽レフェリーを縦にしようとしたスキに冨永が木曽レフェリーの両肩を掴み飛び越えたまま勝村に掴みかかり丸め込み3カウント。
社会人レスラーである冨永が元修斗王者相手に大金星で2回戦進出。

メインイベント
ガンバレ☆クライマックス トーナメント1回戦
大家健

大家健

VS
13分35秒
体固め
※炎のスピア
今成夢人

今成夢人

ガンプロ旗揚げメンバーの大家健・今成夢人のシングル対決これまでタッグでの試合は数多く組まれてきたが、シングル戦は劇場版プロレスキャノンボール2014で仙台のライブハウスで不甲斐ない自分たちのケジメとして組んだシングル戦とほぼ初めてのマッチメイク。
リングに二人が揃い向かい合うも2013年からの旗揚げから4年間醜態(大家談)を晒し続けた思いが重なりゴングがなってもしばらく見つめ合う。
試合もお互いに譲らないぶつかり合いで終盤大家の炎のスピアを今成がぽっちゃりへの膝蹴りをヒットさせてフォール3カウント寸前で大家が今成を弾き返すようにこれを返す。
大家の連続のドラゴンスープレックスが決まりダウンした今成を足を踏み鳴らし待ち、今成も覚悟したように大家へ向かうと炎のスピアがヒットし3カウント。

大家:「(今成とメインイベントできるようになるまで)何年も頑張れたと思うぜ!」

試合後大家はマイクを持ち
「俺と今成皆さんよく知ってると思います!醜態晒してます!特に夏だよ!テメーに勝ちたいって気持ちは特にある!リング上がったら記憶ばっかり蘇ってよ!勝ったのは俺負けたのは今成だけどな!俺とお前!この夏にメインイベントできるようになるまで!何年も頑張れたと思うぜ!」
旗揚げからの盟友を称える。今成も
今成「俺がきついってのをいの一番に気づいたの大家さんなんですよ!映像って魔法だと思うでしょ?あれ結構重労働なんですよ!あれが重労働だって気づいたの大家さんが最初だったんですよ!」
と自身がDDTでの映像制作業務の辛さを理解してくれている信頼関係を話す。
が、昨年の後楽園ホール大会の成功と月1〜2回の興行やって嫁と子供を食わせて順風満帆な様子を疑問に思っていることを投げかける。
大家が子供が離乳食を食べている動画を今成に見せてきたのが相当腹が立ったとぶつける(後に集会で大家は「あれは動画が嫁から届いた直後にその場にたまたま今成がいたから見せただけで、常に見せているわけではない弁明」)とそんな生きているすべてをガンプロにぶつけないで「プロレスをメジャースポーツ」なんて目標が実現するのかを説いた。

大家は「負けたやつが偉そうに言ってんじゃねーよ!嫁と子供、大事でもいいじゃねぇか!ガンバレ☆プロレスだって大事だよ!24時間じゃ足りないから36時間やってやるよ!」と追う夢は一つじゃなくてもいいと持論を展開し今成に今大会を締めさせた。

再び今成がマイクを持つと自身のスタイル公私混道は安い給料でしんどい仕事を長時間しているならそこで公私混同してやるしかない、映画で見て感じた「辛いときはユーモアで乗り越えろ」というのをガンプロでぶつける「ガンプロはユーモアなんだよ!邪道外道公私混道今成夢人!」と叫び最後はユニバースを立たせ「We Are!ガンバレ☆プロレス!」で締めBAD COMMUNICATION中も大今成コールで大会を締めた。

大会後のガンプロ集会ではそんな今成の圧に押されてなかなか大家のそばに駆け寄れなかった(エプロン側に座ってマットがあったから近づいていいか迷った)り、大家の呼びかけにノレず上手く反応できなかったりとガンバレ☆プロレス=今成夢人の公私混道の図を少し実現させた。大家も負けずにこのトーナメント優勝でガンバレ☆プロレスでの夢の実現を期待しよう。

ガンバレ☆クライマックス2017 2回戦決定カード

・GENTAROvs伊藤崇文
・KENSOvsケンドーカシン
・デイブ・クリストvs冨永真一郎
・KAZMA SAKAMOTOvs大家健