【10.2ガンプロレポート】初の後楽園大会は満員!大家が大仁田をガンプロに染める!元夫婦対決の行方は・・・#幸あった?

2016年10月9日 10.2ガンプロ後楽園ホール, レポート


1002l

10月2日(日)にガンバレ☆プロレス初の後楽園ホール大会『BAD COMMUNICATION2016』が開催された。
満員にならなければ大家健・今成夢人が引退するというユニバース・選手・しらないひとに責任が伸し掛かったが当日は1091人(超満員)のユニバースを集め大成功!
大仁田厚を相手にしながらもガンプロワールドに誘うことに成功し、藤田ミノルも自らのけじめをつけることが出来た。

ダークマッチのバトルロイヤル戦でシバターが優勝!「(大家に)パチンコ営業させようかな?」

11時40分頃からダークマッチガンバレ☆ロワイヤルが開始、木原文人・趙雲子龍・アメリカンバルーン・ドクターキリコ・タイガーベッドシーン・ミスターノー・4代目3代目JSoulパンディータ・佐野直・シバター・マーズスペクターが優勝すれば「大家健が出来る限り願いを叶える権利」を狙い挑んだ。ガンプロでおなじみの選手たちの試合が始まった頃弊サイトはやっと春日駅に着いた。
最後にはマーズスペクター・シバター・趙雲が残り、スペクターと一騎打ちになった趙雲は「こわいー!」と言いながらもコーナートップからダイビングカンフーキックを見舞うも、シバターとスペクターによりリングアウト、現在ガンプロリングではシバター劣勢ながらもスペクターと戦いを繰り広げている二人が残り、シバターがついにバトルロイヤル戦ながら、スペクターに勝利した。
勝利したシバターはこの喜びをアピールし大家が可能な限り叶えてくれる権利について大家に「パチンコ営業させようかな?YouTuberにならせようかな?」と話した後最高のタイミングで最高の願いを使うと宣言しユニバースに対して選手として最初の感謝の言葉を送った。


10月2日ガンバレ☆プロレス「BAD COMMUNICATION 2016」全カード

○メインイベント〜ノーロープ有刺鉄線ストリートファイト・トルネード8人タッグデスマッチ
大家健&今成夢人&翔太&三富政行 vs 大仁田厚&浪口修&GENTARO&保坂秀樹
○元・前村早紀再デビュー戦〜人生いろいろ〜
藤田ミノル&バンビ vs 円華&藤田早紀
○忘れじの”K”
冨永真一郎 vs 旭志織
○G-COSMOS 2016
勝村周一朗 vs 伊藤崇文
○2人だけのヤングドラマ杯
安部行洋 vs 石井慧介
○ガンジョシンデレラトーナメント覇者&ガンプロの女神vs我闘雲舞
石橋葵&清水愛 vs さくらえみ&「ことり」
○ダークマッチ~ガンバレ☆ロワイヤル
<出場選手>マーズ・スペクター、4代目3代目J-Soulパンディータ、ミスター・ノー、シバター、木原文人、アメリカン・バルーン、タイガー・ベッドシーン、趙雲子龍、ドクター・キリコ、佐野直


万感の思いの選手入場式!大家代表は選手ひとりづつと勝利を約束した握手

選手入場式ではガンプロ勢となる、大家・今成・翔太・三富・冨永・安部・勝村・清水が入場、満員の客席を見た大家は感無量の表情
挨拶中も、「初の後楽ホールということで・・・」と言葉を詰まらせるも今日の試合ガンプロ勢が「全部勝つ!」と宣言した上で選手たちと握手しこの日の戦いを意気込んだ。

選手退場後昨年のBAD COMMUNICATION2015同様、オープニング映像が流れB’zの「Bad Communication E.Style」をバックに大家代表が後楽園ホールを向かい途中で東京ドームを見つめる姿も交えた対戦カード順の発表がされた。

復帰したばかりのBOSC覇者石橋がさくらさんに敗れるもその姿をアピール

■第1試合:ガンジョシンデレラトーナメント覇者&ガンプロの女神vs我闘雲舞
×石橋葵&清水愛 vs ○さくらえみ&「ことり」

さくらさんもその存在を気にかけたガンプロ女子二大タイトルの一つである「ガンバレ☆女子プロレス BEST OF SUPER CINDERELLA2015」(もう一つはガンバレ☆プロレス大将 最優秀女子選手)覇者の石橋葵がケガから復帰し久々にガンプロリングに登場。
新婚(清水)VS未婚(さくらさん)という因縁をもつ二人の対戦にも注目があつまった一戦は石橋をさくらさんがマヒストラルから丸め込み勝利。
BOSC覇者が我闘雲舞に敗れるも石橋は復帰した姿を後楽園のユニバースにアピールすることが出来た。

安部が片翼の天使を狙うも石井はシューティングスターを初披露!

■第2試合:2人だけのヤングドラマ杯
×安部行洋 vs 石井慧介○

元DDTの安部行洋(フリー)が後輩でありながら勝利したことのない石井慧介(DDTプロレス)とシングル対決。
試合前に飯伏幸太(飯伏プロレス研究所)と共にトレーニングをしたという安部は石井に挑む、終盤ケニーオメガ(新日本プロレス)の得意技片翼の天使を石井に対して見舞おうとするも未遂、すぐさま石井は初披露のシューティングスターを安部に見舞い3カウント。

試合後石井は安部に対して握手を求めるも石井はこの握手を拒否した、石井はこの反応に対して次もあると捉えて安部の古巣への闘いはまだまだ終わらないという姿をユニバースに焼き付けさせた。

勝村が伊藤を締め上げレフェリーストップにしたり顔も伊藤は再戦を要求!

■第三試合 G-COSMOS 2016
○勝村周一朗 vs 伊藤崇文×

ガンプロが誇るハイブリット路線の最前線に立つ勝村周一朗(シアタープロレス花鳥風月)と伊藤崇文(パンクラスイズム)が対戦、勝村が伊藤へ掌底から飛びつき腕十字から足でさらに固めて締め上げるも伊藤はタップをせず、そこから危険と見た岡田レフェリーがストップし勝村が勝利した。

まだやれるとアピールする伊藤に勝村は余裕のしたり顔も伊藤は再戦を要求した。

冨永敗れるも忘れじの”K”へ!?旭「なけなしの権限使って(K-DOJOへの)その道になってやる」

■第四試合 忘れじの”K”
×冨永真一郎 vs 旭志織○

K-DOJOの元練習生冨永真一郎(CWP)が忘れじのKへの挑戦、先輩旭志織(KAIENTAI DOJO)と対戦。
握手からの奇襲・ノータッチトペややられそうなときも「明日も仕事があるんです!」「こどもがいるんです!(真意不明)」と命乞いで旭を翻弄しつつ、学生時代からのほぼほぼ同僚の岡田レフェリーを跳び箱よろしく飛び越えてドロップキックと魅せるものの最期の旭のHIMAWARI BOMBに沈む。

試合後のマイクで旭は冨永に対し「(K-DOJOを辞めてからの冨永の)物語の終わりはKAIENTAIDOJOに上がって完結するんじゃないか?」とまさかのK-DOJOへのオファー「俺がなけなしの権限使ってその道になってやるから。待ってるよ。」と”プロレスラー”冨永に対してプロレスラーとしての次のステップへの道標を作ると約束した。

まさかの実現の元夫婦対決、早紀「お前は死ぬまでプロレスやってろ!」

■第五試合 元・前村早紀再デビュー戦〜人生いろいろ〜
×藤田ミノル&バンビ vs 円華&○藤田早紀

一年前“離婚”という衝撃のカミングアウトから大家を執拗に責め続けていた藤田ミノル(フリー)-ガンバレ☆プロレス トモダチ軍(仮)編 最終回-として用意された対戦相手にはまさかの元嫁藤田早紀(旧姓:前村早紀)!それぞれミノルには最近香里奈に寄せてるバンビ(KAIENTAI DOJO)、早紀には円華(フリー)がパートナーに。
入場の段階からすっごい嫌そうな表情で入場したミノルに対して、ミノルのTシャツをアレンジしたコスチュームで入場した早紀 。ユニバースが元夫婦対決を求める歓声の中で、「女子は女子だろ!」と叫びバンビに試合を譲りゴング、ムチを持ったバンビが先に向かおうとするとミノルは慌てて今日はムチ無しでとムチを下げさせる。

早紀と組み合うたびにミノルは「何しにきた!」と引退して一般人になったはずの元嫁に対してプロのリングからブランクが有る早紀に対して現役中の現役の力を見せていく、終盤に「心苦しくはあるが藤田早紀サヨナラ!」とSAYONARA(ツームストーン・パイルドライバー)をからフォールも味方のはずのバンビがカットからシャイニングウィザード、円華のランヒュイと立て続けに喰らい早紀の低空フランケンから3カウント、元旦那のわがままのケジメをトモダチが助太刀する形で早紀が勝利した。

試合後のマイクで「私はあんたとしたことで公開した子は一つもない!出産も結婚も離婚もな!」と1年前の藤田がマイクした後悔を公開してないと一蹴。家族のためにプロレスを離れた元夫に対して「お前は死ぬまでプロレスやってろ!」とエールを送り、 最後にリング上で抱き合い早紀はリングから降りるとすぐさま子どもたちのもとへ駆け寄り退場、ミノルはその姿を見つつガンプロリング・私生活での出来事への決着をつけた。

大仁田がガンプロに染まった!有刺鉄線戦はガンプロ軍の勝利も浪口は・・・

■メインイベント〜ノーロープ有刺鉄線ストリートファイト・トルネード8人タッグデスマッチ
○大家健&今成夢人&翔太&三富政行 vs 大仁田厚&×浪口修&GENTARO&保坂秀樹

ガンプロを干されたと叫ぶ浪口修(フリー)・GEANTARO(プロレスリングFREEDOMS)の使い捨て軍(仮)が召集したのはインディのカリスマ大仁田厚!後楽園ホール大会のメイン出場へ快諾、さらにルールは大仁田得意のノーロープ有刺鉄線!
BAD COMMUNICATIONに合わせて入場したのは大家・今成・三富・翔太(さらに翔太はガンプロ初期レギュラーガンバレ玉川のTシャツを身に包み会場にいない玉川とともに戦う意志を見せる)、続いてWild Thingに乗せて大仁田・浪口・GENTARO・保坂が入場すぐにガンプロ軍を奇襲し、場外へ大乱闘!

リングに戻された翔太は大仁田からテーブルクラッシュを食らうなど乱戦状態なんなら弊サイトもよく見れていない、大家対大仁田の大将同士の攻防では大仁田がテーブルの破片で大家を殴打、ふらつくもタンクトップを脱いで気合を入れ直し大仁田へ立ち向かう。
終盤は大仁田のレッド・ミストが浪口に誤爆し、形勢を持ち炎のスピアで浪口に見舞い3カウント!

すぐさま場内にBAD COMMUNICATIONが鳴り響くとユニバースはリングサイドに集結し勝利を祝うなか、なんと大仁田もこの狂乱に加わり敵ながらもインディが頑張っている姿に感銘し釣られて踊る!
大仁田は大家の姿を讃え11月24日(木)におこなわれるFMW後楽園ホール大会にオファー!

・・・しかし、その姿を認められない浪口はマイクで「なんでそうなるんだよ!俺は納得してないぞ!大家!大仁田!やってらんねぇよ!お前ら、俺が潰してやる!」と叫ぶも大仁田も大家もその姿を意に介さず、大仁田はリングを去りガンプロ軍がリングに集まった。

フィナーレ:大家「結婚いたしました!さらに12月にはこどもが生まれます!」

リングに残ったガンプロ軍をもちろん代表して大家がマイクを持ち満員にしなければ引退という枷を言わなきゃよかったと思ったが、ユニバース・選手・過去にお世話になった人々の強力で今日満員に出来たことへ感謝の言葉を送ったなかで、衝撃の発表をする。

大家「私事ではありますが、大家健39歳は結婚いたしました!さらに、12月にはこどもが生まれます!俺は家族の大黒柱に恥じぬよう!ガンバレ☆プロレス代表の名に恥じぬよう!これからももっともっと、みっともっと頑張っていきますので、皆さん応援よろしくお願いします!」

この衝撃の発表を売店で聞いた藤田ミノル(離婚)さくらえみ(未婚)が慌てて客席側に姿を表し呆然とする。

最後には「WE ARE!ガンバレ☆プロレス」を1019人のユニバースとともに叫び初の後楽園ホール大会を締めくくった。

ガンプロ集会:大家「(嫁が)あんた満員にしなかったら男じゃないでしょ」

後楽園ホールの売店前の階段に場所を移動したガンプロ軍・・・この場所は大家の古巣DDTが初の後楽園ホール大会を行った際にDDT高木大社長が集会を行った場所でユニバースに今回の大会が成功したことへの感謝の言葉を述べた。
9月に大仁田の前で満員にしなかったら引退すると口走ってしまったことにたいして家に帰って大家が嫁にこのことを伝えると「あんた満員にしなかったら男じゃないでしょ」と啖呵を切られたという、それ聞くと今成は「嫁かっこいいじゃないですか!」と同調。
大家は革命家にたとえ、ひとりの熱い人間がその気持を一人ひとりに伝えて10人・100人・1000人・1万人の力になり革命が起こるとユニバースたちが自身についてきてくれていることを感謝した。
最期は団体立ち上げ時のスローガン「プロレスをもう一度メジャースポーツにする」という気持ちを込めて再びWe Are ガンバレ☆プロレスで締めた。

11月12日(土)ガンバレ☆プロレス「夜空ノムコウ2016」

日時:11月12日(土曜日) 開場17:30 開始18:00
会場:東京都 王子BASEMNET MON★STAR
チケット -前売-:
全席自由席3,500円+ドリンク代500円
チケット -当日-:
全席自由席4,000円ドリンク代500円
発売:1600.sekigahara@ezweb.ne.jp(ガンプロ代表の大家健)まで

ツイート